水分不足対策の水分に緑茶は選んでいいの?

水分不足の解消に緑茶はおすすめできません


日本人にとって、緑茶をはじめとしたお茶は馴染み深い飲み物でしょう。

そのため、お水やスポーツドリンクより飲みやすいと感じている人も多いかもしれません。

ですが水分不足を解消するにおいて、緑茶は避けるべき飲み物といえるでしょう。

一口に水分といっても、さまざまな種類があります。

そして同じ水分でも、水分補給に適するものと適さないものがあります。

適切なものを選んで、効率的な補給ができるようこだわってみてください。

緑茶には水分不足を後押ししてしまう成分が含まれている

水分不足を解消するためには、ただ口から水分を飲むだけではいけません。

さらに体内で吸収して、体の機能に役立てられてこそです。

その点、緑茶は吸収どころか、排出を促す成分が含まれています。

つまり、緑茶を飲むことで水分不足が後押しされてしまうというわけです。

補給に適した水分を選んで、摂取することが欠かせません。

緑茶で水分不足対策をするべきではない

程よい苦味とさわやかさ、そして香りの良さなどから、緑茶を好む人は少なくないでしょう。

ですがこと水分補給の意味合いでは、適さない存在となってきます。

とはいえ、だからといってお茶のすべてを避けるべきかといえば、そうでもありません。

適したもの適さないものそれぞれがあるので、種類にこだわって選んでください。

緑茶に含まれる水分補給に向かない成分とは

お水も緑茶も、同じ水分であるに違いありません。

何ならお水に茶葉が入っただけなので、お酒やジュースと比べて成分もお水に近いです。

ですが、この茶葉にこそ水分不足対策に適さない成分が含まれているので、注意が必要です。

その成分とは、カフェインです。

カフェインといえばコーヒーに含まれる眠気覚まし成分として有名ですが、実は緑茶にも豊富に含まれています。

カフェインには覚醒作用だけでなく、利尿作用もみられます。

つまり緑茶で水分補給をしても、摂れば摂るほど排出する水分も増えてしまうというわけです。

一時的に体に水分を入れられても、出る量も多くなってしまい、結果的に適切な水分補給にならないのです。

またこのカフェインは、緑茶ではなく茶葉そのものに含まれるので、同じく茶葉が原料の飲み物は避けるべきでしょう。

主には、煎茶やウーロン茶、紅茶などです。

より一層、水分不足状態を悪化させることにも繋がりかねません。

補給する水分の味や香りを工夫するには

緑茶が水分不足対策に適さないとはいえ、そのままのお水は苦手という人も多いことでしょう。

ではいったい、どのようにして味や香りを工夫すると良いのでしょうか。

利尿作用は、お茶だからではなく、カフェインを含むからこそ伴います。

そのため、同じくお茶でもカフェインが少ないものであれば問題なく水分不足対策に役立てられます。

主には、ほうじ茶や玄米茶、ルイボスティー、ハーブティーなどはカフェインが少ないので、味や香りを工夫するのに適しているといえるでしょう。

お茶そのものだけではなく、温度や濃さを工夫するのもおすすめです。

お気に入りの味や香りが伴えば、補給も一層捗るといったところでしょう。

お茶を作るためのお水にもひと工夫

カフェインレスのお茶を作るなら、ぜひ原料だけでなくお水もこだわってみてください。

より飲みやすく、さらに水分不足解消に適したものもあります。

特別なお水を選んでも、無色透明のお水に変わりはないので、そこまで費用的にも負担に感じません。

おすすめは、ミネラル分の少ない軟水や、ピュアウォーターと呼ばれるタイプのものです。

ミネラルは独特の口当たりや味を伴うので、お水が苦手な人はあまり得意でないでしょう。

その点、軟水やピュアウォーターは飲みやすく感じるはずです。

また、ミネラル分は吸収においてもあまり適しません。

なぜなら、胃腸への刺激となる存在であるためです。

健康的な人ならまだしも、体調を崩している人や体の弱い人は、これにより体内機能を低下させてしまう可能性も考えられます。

この点においても、軟水やピュアウォーターがおすすめであるといえます。

緑茶はカフェインを含むので水分不足解消には適さない


カフェインは、コーヒーだけのものではありません。

実は、やさしい和風な印象の緑茶にも、多く含まれています。

カフェインは利尿作用を伴うため、水分補給をおこなうときには適さない成分となります。

そのため、水分不足対策において緑茶は選ばないようにしましょう。

ですが、同じお茶でもカフェインが含まれなければ問題ありません。

ほうじ茶や玄米茶、ハーブティーなら比較的安心なので、水分の味を工夫したいときには役立てると良いでしょう。

水分不足時にはカフェインを含まないものを摂りましょう

水分不足には、健康におけるさまざまなデメリットが伴います。

ですが、だからといって緑茶などのカフェイン飲料は適しません。

カフェインの少ないものを選んで、効率的な補給をおこないましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る