水分不足はパフォーマンスの低下を招くの?

水分不足はアスリートのパフォーマンスを低下させるといえます


人間の体は、半分以上が水分でできています。

アスリートの場合には、さらに割合が大きなものになるのは、筋肉量が多くなるからです。

水分をたくさん含んでいるからですが、パフォーマンスを発揮するためには、それだけの水分を必要とすることからも、水分不足は厳禁といえるでしょう。

脱水症状に陥り、パフォーマンスが低下してしまわないように、補給を考えていかなければいけません。

水分不足が発熱を呼びパフォーマンスを下げる

アスリートが、水分不足になると、パフォーマンスを発揮できなくなるのはなぜなのかを考えてみなければいけません。

筋肉を酷使するアスリートは、内部からどんどんと発熱していきます。

この熱を抑えるためには、水分が必要になってくるため、水分不足はさまざまな機能を衰えさせパフォーマンスの低下を招くのが理由です。

パフォーマンスを正しく発揮させるために

パフォーマンスを発揮するためには、水分補給が欠かせません。

以前は、水を飲むということを禁じるようなこともありましたが、非常に危険なだけではなく、能力を発揮させない悪習であることが広まりました。

その上、しっかりと維持していくためには、水分補給ということ自体にも気をつけていかなければいけません。

方法を間違えば、効果を最大化できないからです。

パフォーマンスが下がるタイミングは

摂取方法を考えるうえで、なぜパフォーマンスが下がってくるかを考えなければいけません。

体内の水分が失われていき、1%に到達すると、脱水症状となっていきます。

ですが、1%では自覚症状は出てこないことが重要です。

2%失うと、のどの渇きを覚えるようになりますが、パフォーマンスの低下がみられるようになります。

2.5%を超えると、非常に危険な状態になり、水分不足から疲労感も出てきて、確実にパフォーマンスは低下し、運動能力が発揮できない状態です。

5%もの脱水になると、めまいなどだけではなく、意識の昏倒まで起こし、パフォーマンスを発揮するどころではありません。

体力も急激に消耗するようになり、回復までには相当の日数も要するようになってしまいます。

状況によっては、生命の危険性も考えなければいけない状態です。

水分補給はタイミングと強度を考えて

水分補給を考えるうえで大事なことは、回復させるのには時間がかかるというところになってくるでしょう。

パフォーマンスが下がってから補給するのではなく、下がる前に補給して下がらないようにすることです。

我慢をしてパフォーマンスが下がってきてから水分補給をしても、その場で戻せるようなものではありません。

失った量でいえば、自覚症状が現れる前の1%の段階でこまめに補給して、急激な水分不足にならないようにすることが求められます。

この時点で補給できれば、パフォーマンスを著しく低下させることなく発揮できるようになるでしょう。

さらに、大量の水分を摂取するのも問題です。

水分を吸収させるためには、必ず時間がかかります。

腎臓の機能には限界があり、それほど多くの水分を吸収できません。

少量ずつ繰り返していくことが、アスリートには重要といえるでしょう。

タイミングに関して言えば、始め40分前あたりに摂取して、プレイ中も補給していかなければいけません。

運動後にも補給を繰り返していくことになりますが、どのぐらいの量が必要になってくるのかは、競技の種類や運動強度にもよります。

発汗量の多い防具をつけたり、温度の高い環境でおこなったりする場合には、摂取するスパンを短く回数も増やしていく必要があるでしょう。

お水が最適な理由

種類に関しても重要です。

水分といっても、カフェインが入っていれば、吸収どころか利尿作用から排出が促進されてしまいます。

水分不足を加速することになるために向きません。

糖分に関しても、微量であれば効果があっても、大量になると低血糖を引き起こす可能性があるため、リスクが高まることになるでしょう。

パフォーマンスを考えれば、吸収しやすい不純物のないお水が適しているといえます。

ただし、急激な発汗によって、カリウムなどが失われる状態となることから、補給をすることも必要です。

水分補給はアスリートの必須条件


人間の体の構造を考えれば、水分補給は必須条件です。

血流が下がれば、それだけ各所に栄養もいきわたりませんし、乳酸をはじめとする疲労物質を流していくこともできません。

体温が上昇しても、水分不足のままでは発汗ができず、体温を下げられなくなってしまいます。

パフォーマンスが低下する要因は、さまざまな場所に隠れているといえるでしょう。

生命活動的にも危険が伴ってくるため、適切な水分補給を心掛けていかなければいけません。

適切な水分補給でパフォーマンス維持をしましょう

パフォーマンスは低下してからでは意味がありません。

運動を始めれば徐々に低下することになるのですから、成績を残していくためにも、適切な水分補給を考えていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る