水分不足だとヘルニアを悪化させますか?

水分不足はヘルニアを悪化させます


人間は椎間板があり、これによって体を支えクッションの役割をしています。

しかし年を取ると、体から水分が少なくなっていくのと同時に、椎間板にある水分も少なくなり、クッション性もなくなっていきます。

そのような時に水分をあまりとらず、水分不足の状態になると、より椎間板の水分が減り、ヘルニアも悪化させて、痛みも酷くします。

水分は人間の体にはなくてはならないものであり、椎間板にも必要なものであり、水分不足は椎間板にも影響を与えます。

水分不足は体に悪くヘルニアにも良くないです

水分は体から自然に少なくなっていくものであり、水分不足になると、血液やリンパの流れが悪くなります。

内臓も大量の水分を必要とするために、水分不足は余計に内臓の機能を悪化させます。

これらのことにより、腰痛を悪化させる事となり、ヘルニアには良くありません。

ヘルニアや腰痛を悪化させないためには、水分をどんどん補給し、水分不足にならないようにしましょう。

水分をどんどん補給するようにします

ヘルニアを悪化させないためには、水分不足にならないようにします。

それは飲み物を飲んで、体に水分を補給してあげるしか方法はなく、どんどん飲み物を飲むようにしましょう。

多めに飲み物を飲みます

人間には1日に必要な水分があり、必要な分を補給しないと水分不足になります。

目安としては1日2L前後を飲むようにしますが、ヘルニアの方であれば、もう少し多めに飲むようにしましょう。

少なくても1日3L程度の飲み物を飲むようにして、飲める方は4L程度飲んでも構いません。

4Lというと市販の2Lのペットボトル2本分となり、多いと感じかもしれません。

しかしこまめに飲んでいけば、1日4L飲むのもそれほど苦痛ではないです。

どうしても1度に沢山飲んで、1日4L飲もうとすると、お腹も水分でふくれてしまい、苦しいでしょう。

コップ1杯程度のお水を1回に飲むようにして、朝起きてから寝るまでの間で、こまめに飲むようにします。

最初は沢山飲み物を飲むようにして、腰痛が楽になれば、通常の量の2L程度にしても構いません。

そして毎日飲み物を飲んで、水分不足にならないようにしていきます。

水分不足解消は、総合的に体に良い影響を与えます

沢山飲み物飲むことは、それだけ体の中に水分を循環させることとなり、またトイレに行く回数も多くなるでしょう。

沢山水分を摂取することは、デトックス効果を生み、体から老廃物を出してくれます。

また水分により胃腸の働きを高めて、便も水分を多く含むようになるので、便秘にも良いです。

水分を摂って、尿や便を沢山出すと、新陳代謝が高まり、免疫力も高まります。

さらには水分を十分に摂ると、血液がサラサラとなり、血流改善にもなるのです。

このような働きにより、総合的に椎間板にも良い影響を与えて、腰痛を改善してくれます。

胃腸が活発に動くようになれば、腰回りの筋肉強化にも繋がり、腰の痛みを発生しにくくしてくれます。

水分補給と同時に、腰が痛くならない程度の、簡単な腰回りの運動などを行うと、腰痛改善には良いです。

お水を飲むようにしましょう

水分不足は腰痛を悪化させることとなり、飲み物を沢山飲んで、水分不足を解消させるのが、腰痛には良いです。

ただし飲み物の中でも、お酒や珈琲は、水分補給のための飲み物としては適していません。

珈琲にはカフェインが含まれており、カフェインには利尿作用があるので、尿として体外に水分を多く出す効果があります。

お酒にはアルコールが含まれており、沢山飲めば肝臓や内臓に負担をかけるばかりか、アルコール中毒になる可能性もあり、毎日の水分補給の飲み物には適していません。

毎日大量に水分補給のために飲み物を飲むならば、何も含まれていないお水が良いです。

お水は味がないので飲みにくいという方であれば、温めて白湯にしたり、カフェインの含まれない番茶なども飲んだりすると良いでしょう。

お茶も緑茶など種類によってはカフェインが多く含まれるので、お茶を飲むならカフェインの含まれないお茶を飲むようにしましょう。

いつでもお水を飲める環境を作ります


飲み物を飲むなら、お水を飲むのがよいです。

お水ならば、お茶のように長い時間をおいても酸化して味が変わることがなく、カフェインもアルコールも含まれていないので、体に負担になりません。

いつでもお水を飲める環境を作ると良いでしょう。

朝起きたらまずは1杯のお水を飲み、ポットやペットボトル、水筒にお水を入れて、いつでも飲めるようにします。

寒い冬の時期であれば、白湯にしてポットなどに入れておくと良いでしょう。

お水を沢山飲んでいきましょう

水分不足を解消するならば、出来るだけ沢山お水を飲むようにします。

朝起きたときや、食事時、お風呂に入った後など、飲めば沢山飲めるので、こまめにお水を飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る