活性酸素と紫外線の関係と避ける対策は?

活性酸素を増やす紫外線を予防

活性酸素は紫外線で増える
活性酸素は、体の中に害のある性質のものが入ったり、体が悪い状態になると活発に作られます。

紫外線は日焼けをすることで肌の細胞を傷つけることがあり、その影響で活性酸素が作られています。
肌への紫外線の影響は意外と大きく、また深く浸透しているものです。

そのため、活性酸素の影響も同様に深く深刻なダメージとなっているかもしれません。
そんな活性酸素を抑制するためには、紫外線予防が欠かせません。

細かな生活習慣の工夫をすることで、紫外線と活性酸素の影響を減らしましょう。

活性酸素はいたるところで悪さを

活性酸素は、身体を老化させるものとして、いたるところで発生して体の隅々で悪い影響を及ぼす可能性があります。

肌への影響としては、紫外線によって発生する活性酸素も危険ですが、体の中で発生した活性酸素が血流に影響を及ぼして肌の奥から肌を衰えさせていることもあります。

肌に外から影響を与える紫外線は予防しやすいもののひとつなので、積極的に対策を立てて、回避しましょう。

活性酸素と紫外線対策

活性酸素と紫外線の対策は、外からの紫外線予防と内側からの活性酸素の抑制のダブルで行うとより一層効果が期待できます。

紫外線は小さな防御の隙をついて入り込むことがあるため、日焼け予防は念入りにして、さらに内側からもケアをすることが大切です。

紫外線は肌の老化を進めるだけでなく、白内障などの病気にも影響します。
そのため、美容のためというだけでなく、老若男女全ての人に関係しているのです。

紫外線の影響と活性酸素の与える害

体に紫外線の与える影響は、活性酸素が発生することによって起こります。
紫外線は体に有害な物質であり、活性酸素はもともと紫外線の影響から身を守るために出ているものなのです。

本来守ってくれるはずの活性酸素が悪い影響を与えてしまうのは、その数が増えすぎてしまうことが原因です。

活性酸素は不安定な物質であるため、有害物質と結びついて安定を図る過程でそれを除去する力を持っていますが、過剰に出てしまうことで正常な細胞などとも結びつき始めてしまうのです。

肌への紫外線の影響

紫外線によって発生した活性酸素は肌で脂質を酸化させます。

これは過酸化脂質と言われます。
過酸化脂質はシミを生み出します。

また、深部にまで届いた紫外線はそこでコラーゲンなどを壊す活性酸素を生み出します。

目への影響

目にも活性酸素は発生します。

目で活性酸素が発生すると、水晶体や結膜を傷つけます。

紫外線を予防して活性酸素を作らない

紫外線予防は、活性酸素予防であり、老化や病気のリスクを減らすことにもつながります。

焼けてからスキンケアするのではなく、「そもそも焼かない」ことが重要です。

紫外線予防のために

紫外線予防では、まずはサングラスと日焼け止めの使用が基本となります。
目から入る紫外線とそこで発生する活性酸素の影響は大きく危険です。

日焼け止めは、UVAとUVBの二つの紫外線に対応しているもので、浅い部分と深い部分の両方に入る紫外線を予防します。

深い部分で紫外線を受けると、コラーゲン組織を破壊され、その修復には非常に長い時間がかかります。

真皮のターンオーバーは通常6年とも言われています。

こんな時にも紫外線にさらされている

紫外線は、普通の窓ガラスや日陰では防げません。

電車の窓やオフィス、日常の生活で窓際にいる時間など全てのタイミングで紫外線は降り注いでいます。

暑さを感じない冬の紫外線も意外と多く、一年中紫外線対策は必要ということになります。

紫外線対策が無理な人は活性酸素の対策を

紫外線を全て防ぎきることは、原理的に不可能です。
私たちはモグラではないのですから、毎日の生活で必然的に紫外線に当たってしまうことは避けられません。

そのため、日常生活の妨げとならない範囲で紫外線対策をしておき、防げなかった分は活性酸素対策で手を打ちましょう。

出来た活性酸素を体に影響が出る前に素早く抑制するためには、毎日の欠かさないケアが一番です。

抗酸化物質を食品で

抗酸化物質は出来た活性酸素を抑えたり分解する働きのもので、食品からでも取ることができます。

ビタミンCやビタミンEは、美肌の成分としても知られている通り、活性酸素抑制に効果があります。

水素で活性酸素を分解する

水素は活性酸素との相性がよく、体に入ると互いに結びついて無害な水へと化学変化します。

水素はそのままの分子で取り入れることはできないため、水素水など水に溶けたものを摂取します。

紫外線は活性酸素の影響で悪者扱いに

外で遊ぶ場合は紫外線対策を
一時は日焼けした黒い肌や外でお日様の下元気に遊ぶ子供たちを健康的と考えたものでした。
しかし、活性酸素の分泌とその影響によって紫外線は完全な悪者になっています。

確かに過剰に浴びることで、体の負担にはなりますが、決して日に当たらないという生活はできないので、上手に紫外線と活性酸素予防を取り入れて生活を楽しむことが大切です。

多少の日光浴は、体にも必要なので、過度に紫外線を恐れないで済む工夫をしましょう。

紫外線と活性酸素予防でダメージを回避

強い紫外線を浴び続けることは、肌だけでなく病気のリスクも心配です。

全く紫外線を浴びない環境は作れませんので、浴びた紫外線によって作られる活性酸素の抑制をすることで、うまくコントロールして体の健康を守りましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る