活性酸素は睡眠で減らすことが出来るの?

活性酸素を減らす睡眠でアンチエイジング

活性酸素を減らす睡眠
活性酸素は体の細胞が活動する際に出る酸化力の高い不安定な酸素で、増えすぎると健康や美容に良くない影響を与えます。

睡眠不足で疲れやすくなったりお肌の調子が悪いのもそのためです。
活性酸素を体から減らすことは、どんな美容法や健康法にも劣らないアンチエイジングとなります。

質の良い睡眠を取ることで活性酸素を減らす生活を始めましょう。

忙しくて睡眠が減りがちな人は、水素の抗酸化力で活性酸素を除去する水素水を利用するなど、増えた活性酸素を放置しないことも大切です。

睡眠はホルモンや活性酸素に複数の影響を

睡眠中に人の体の中では、いろいろな働きをしています。
睡眠中にはたくさんのホルモンの分泌があり、体の修復作業が行われています。

また、脳や体の機能も活発でなくなり、活性酸素の出る量も睡眠中は穏やかになります。

こうした時間を経ることで、人間の体は日中に受けた疲れやストレスなどを癒すことが出来るのです。

活性酸素が元気になる睡眠不足の恐ろしさ

活性酸素は私たちが生きている限り、一定の量は出続けてしまうものです。
しかし、増えすぎることで悪い影響を及ぼすため、過剰な分泌は避けなければいけません。

活性酸素を抑えることは、美容やスキンケアといったアンチエイジングという意味だけでなく、体の健康を守るための切実なものです。

睡眠不足が私たちの体に与える影響の大きさを知ることで、睡眠に対する見方が変わるかもしれません。

活性酸素の出やすい時とは

活性酸素は、体がエネルギーを作る際に酸素を取り込んで利用すると発生します。
とはいえ、活性酸素のできる確率は全ての取り込まれた酸素の2パーセントほどです。

体のエネルギーは細胞内のミトコンドリアが作っています。
ミトコンドリアが出したエネルギーの中の電子と酸素が結びついたものが活性酸素の正体です。

このエネルギーの生成は体の働いている時間帯、主に日中に集中的に行われています。
睡眠中にはあまり活発ではありません。

また、私たちの生きている社会では排気ガスや強い紫外線などを常に浴びています。

さらに食事をすることで体に入る有害物質や腸で発生する毒素などもあります。
こういった外からの悪い刺激からも活性酸素は発生します。

つまり、私たちの体は起きている間に活性酸素をたくさん出しているということになります。

活性酸素と睡眠不足の悪循環のメカニズム

活性酸素は体の組織の細胞を壊します。
本来は免疫組織として働き、有害物質と結びついてそれを分解、除去する働きを持つものですが、過剰に増えることで体の正常な組織まで壊そうとします。

これは活性酸素の持つ不安定さが原因であり、安定しようとして他の物質と結びつく性質によって起こります。
活性酸素は疲れやストレスでも発生します。

睡眠不足になると、脳が休む時間が減ってしまいます。

休めない脳は疲れやすくストレスに弱くなります。
するとストレスを受けやすくなり、活性酸素が出やすくなってしまいます。

活性酸素は血管などにも悪い影響を与えて脳の働きを阻害することもあります。
すると脳は良い睡眠を作るための自律神経をうまく動かすこともできなくなって、睡眠の質まで落ちてしまいます。

この悪循環を断つためには、活性酸素を減らすことで体の働きを正常に戻さなければいけません。

若さを保つためにできることを

睡眠不足で体や肌の状態が悪くなるのは、活性酸素が根本的な原因です。
そのため、若さと健康を維持するためには、活性酸素対策が欠かせません。

体の中には良い睡眠を取るための成分や活性酸素の反対の役割を持つ成分などもありますが、活性酸素の影響が強くなるとそれを分泌することもできなくなります。

体の中から活性酸素を減らして、良い睡眠を取り戻しましょう。

抗酸化作用のあるものを

活性酸素を除去するためには抗酸化作用のあるものを体に取り入れることが必要です。

食品からたくさん取り入れるのは難しいので、水素水を利用すると良いでしょう。

水素は体の中の活性酸素と結びついて無害化します。
食品から取り入れるとその中に入った有害な化学物質などが心配ですが、水素水は水と水素だけなので安心です。

水素水を自作するのであれば、余分な成分が少ないウォーターサーバーなどを使っても良いでしょう。

強い酸化力でより有害な活性酸素のみに働きかける水素の抗酸化作用で体の大掃除です。

活性酸素の働きを妨げるホルモン

睡眠中には睡眠ホルモンや成長ホルモンなどが働いています。
睡眠ホルモン、メラトニンは安眠を作るとともに、抗酸化作用も持っています。

活性酸素を減らす働きがあるのです。
さらに成長ホルモンは傷ついた組織を修復します。

この二つの働きは、活性酸素を除去するため、そして活性酸素で傷ついた身体を癒すために使えます。

睡眠不足は活性酸素の発生時間を長くする

睡眠不足は活性酸素を増やす
睡眠不足で肌などの衰えを感じるのは、睡眠中以外の時間帯は活性酸素が活発に発生していることが原因です。
活性酸素の働きは身体の中から老化させるものです。

睡眠不足になると起きている時間が長くなり、長くなるとともに体の疲れやストレスも大きくなっていきます。
睡眠不足は相乗効果で活性酸素を発生させやすくなり、老化を進めてしまう大きな要因となります。

また脳が活性酸素の影響を受けることで、心地良い睡眠が取れずに体に良いホルモンなどの分泌が減ることもあります。

活性酸素と睡眠不足

活性酸素は睡眠不足で過剰になります。
また活性酸素の働きを阻害する成分の分泌も減ってしまうため、老化を余計に進めます。

睡眠不足による体調不良が気になる時は、抗酸化作用のあるものを生かして老化を予防しますが、根本的に睡眠不足も解消する必要があります。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る