活性酸素と成長ホルモンのバランス維持のポイント

活性酸素と成長ホルモンのバランスをよく

活性酸素と成長ホルモン
活性酸素とは、体の中で発生して細胞や組織を酸化させ、老化へと導くものです。
そして成長ホルモンは、反対に体の細胞や組織を修復して、若返らせる効果があります。

この正反対の物質は、このバランスによってその人の若さを決める要素として大変重要なものとなります。

活性酸素を出しすぎず、成長ホルモンの効果を引き出すことと、さらに活性酸素の適度な発生によって抗酸化物質を引き出すことは、若さ維持のコツとなります。

活性酸素も役立つアイテム?

ストレスホルモンには、コルチゾールという免疫物質を作る副腎皮質ホルモンがあります。
強いストレスを感じた脳は、それを解消しようとして副腎皮質からコルチゾールを分泌します。

コルチゾールは睡眠中に蓄えたエネルギーを熱源として、ストレスと戦うために生まれます。
睡眠中は抑えられ、朝目覚めとともに活発になります。

また、ストレスを感じるたびに分泌され、緊張状態を高めます。

活性酸素と成長ホルモンのよいバランスで若さを

活性酸素と成長ホルモンはバランスが大切です。
本来活性酸素も免疫機能として働くものですが、過剰に出ると細胞を酸化させる悪い影響を与えます。

しかし、適度な活性酸素は若さを維持するために使えることがあります。

また、成長ホルモンの分泌はたくさんあればあるほど良いものですが、たくさん出そうとすると活性酸素が分泌過剰となる場合もあり、こちらもやはりバランスが大切です。

この二つの成分のバランスの取り方を知れば、加齢を過剰に恐れずに済むようになるかもしれません。

運動による活性酸素と成長ホルモンのバランス

運動をすることは、成長ホルモンを活発に分泌させるために重要なことです。

成長ホルモンは脳下垂体というところから分泌されるホルモンで、骨や筋肉、皮膚を作ったり修復したりします。

運動することによって、感覚神経が刺激されて脳下垂体に伝わり、成長ホルモンの分泌が活発になります。

また、運動によって筋肉や骨などが鍛えられ、成長ホルモンの働きを助けます。

一方で活性酸素は運動の呼気により酸素量が増えて、その量も増やします。
活性酸素は激しい疲労によっても分泌されます。

運動をすると酸素が増えて活性酸素も増え、成長ホルモンにも運動が必要という苦しい選択となります。

有酸素運動と筋トレ

苦渋の選択において、より良い方法は有酸素運動と筋力トレーニングでバランスを保つことです。

有酸素運動は成長ホルモンを助け、血管や循環器、呼吸器などの機能を高めますし、筋トレは筋量を増やして基礎代謝をアップさせ、活性酸素を増やしません。

二つの運動を取り入れることで、身体を強くして、成長ホルモンと活性酸素のバランスを取ることができます。

活性酸素と抗酸化物質のバランス

活性酸素は、身体を酸化させるものですが、それほど恐れることはありません。

基本の生活でも作られる活性酸素は、酸化力も高くなく、悪性度は低いもので、体の中の抗酸化物質で除去できるものです。

この抗酸化物質を増やすことができれば、酸素を取り入れても身体を錆びさせにくい状態に保つことができ、成長ホルモンの働きの邪魔をするどころか、役立つものとなるでしょう。

抗酸化物質とは

抗酸化物質とは、アンチエイジングのケアには欠かせないもので、肌や全ての体の組織を元気に保つものです。

酸化を防ぎ、細胞を健康な状態に守ります。
抗酸化物質は活性酸素の発生とともに出てきます。

生活習慣による活性酸素と成長ホルモンのバランス

活性酸素と成長ホルモンのバランスを保つためには、食事や運動など、生活習慣での工夫が欠かせません。

活性酸素を抑えることができて、さらに成長ホルモンの分泌を活発にする生活の工夫を考えてみましょう。

ストレス解消と運動

ストレスは活性酸素を増やすため、適度な運動によって解消します。

運動することで、ストレスを解消して睡眠の質を上げることができます。
睡眠中も成長ホルモンが活発になるので、一石二鳥です。

脂肪分と食事

食事の管理は、活性酸素を抑えるためと成長ホルモンの活性化に重要です。

まず脂肪分の摂り過ぎは、肥満になりやすく、体内の脂質を増やします。
脂質は活性酸素と結びついてより強力な活性酸素を作り、肥満は成長ホルモンを妨げるのです。

また、腸内環境に悪い食事ともなりますので、毒素を発して活性酸素が肌トラブルなどを起こす原因にもなります。

水素水で活性酸素の調整を

増えすぎた活性酸素を手軽に調整するためには、水素を利用するのが一番です。
水素は活性酸素と結びついて水を作ります。

水素水自体も水と水素のシンプルなものなので、体に安心です。

活性酸素と成長ホルモンは両立できる

運動の仕方を工夫して活性酸素を抑制する
活性酸素と成長ホルモンは正反対の性質を持っており、時には運動の時のように両方とも増えてしまうことがあります。

しかし、運動の種類を変える工夫をしたり、激しい運動を避けたりといったやり方次第で、一方では活性酸素を抑制して、もう一方では成長ホルモンを促すことも可能となります。

このように工夫をすることで、活性酸素と成長ホルモンをどちらも体に良い状態で保つことができ若さを保てるのです。

活性酸素と成長ホルモンのバランスで若さを維持

活性酸素を減らしつつ、成長ホルモンを増やす方法を知ることで、程よいバランスを保ち、若さを維持できる工夫ができます。

いろいろな方面から若さ維持の働きかけをすることで、総合的に効果が期待できそうです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る