ミネラルウォーターで頭痛が和らぐのはほんと?

頭痛にミネラルウォーターがよいと言われる

ミネラルウォーターは頭痛に効く
日常生活において、ふとしたときに訪れてしまう頭痛は経験のある方も多いでしょう。
なるべく鎮痛剤は飲みたくないと言いながら、その痛みにはときに耐えられなくなってしまうこともあります。

そんなときに、いろいろな頭痛解消法を試してみてもうまく解消されないということもあるのではないでしょうか。

一説には、ミネラルウォーターを飲むと頭痛の改善に役立つと言われています。
たくさん飲むというよりは、1日に何回かに分けて飲むのが有効になるようです。

お水の効果とミネラル効果

ミネラルウォーターで頭痛を和らげることができるとされる理由としては、適度に水分補給ができることに加えて、そこに含まれるミネラルが功を奏しているという説があります。

特にマグネシウムが頭痛の緩和に大きく関係すると言われ、マグネシウムを多く含むミネラルウォーターを飲むことで頭痛に効果が見込めるというのです。

ただし、他のミネラル分とのバランスを考えることも必要です。

ミネラルウォーターと頭痛の関係性

急に来る頭痛に苦しむ方には、ミネラルウォーターを飲むとよいというのはよく聞く話です。
特にミネラルウォーターに含まれるミネラルの中で、マグネシウムが効果を発揮すると言われています。

では、詳しくはどのような仕組みで痛みを和らげることができるのでしょうか。

マグネシウムが持つ効果

私たちの体に必ず摂り入れるべきものである必須ミネラルの中の1つにマグネシウムも挙げられます。

このマグネシウムには実にたくさんの働きがあり、健康な生体活動には欠かせないのです。
その効果とは、以下のようなものです。

血管を拡張させる

<マグネシウムは、緊張して固くなってしまった血管を拡張させる働きがあります。
これによって血管が適度に緩んで血流がよくなるのです。

全身の末梢血管にまで血液が行き渡るようになり、また血管を圧迫するものがなくなるため炎症なども起きにくくなります。

ここでマグネシウムがうまく働かないと、頭部への末梢血管が圧迫され、緊張状態になって頭痛が引き起こされるきっかけになります。

筋肉の緊張をほぐす

これも血管の緊張をほぐすことにつながりますが、筋肉が固くなってしまって柔軟性を失ったときにもマグネシウムの働きでほぐすことができます。

これに派生して、マグネシウムはこむら返りになったときにもその症状を和らげると言われています。

筋肉の緊張がほぐれればそこを通る血管を圧迫することがなく、肩こりなどにも有効となるのです。

イライラを解消する

マグネシウムには、神経伝達の機能にも関連する働きがあると言われます。

脳内の伝達をスムーズにすることで、イライラした気分を落ち着けてリラックスできるというわけです。

例えば何らかのストレスを抱えているときには、マグネシウムを摂ることで落ち着くケースがあります。

マグネシウムを摂取するにはミネラルウォーター

このように、マグネシウムにはいろいろな効果が期待できますが、これと頭痛とは密接な関係があると言ってよいでしょう。

そもそも頭痛とは頭部への血流に不具合が起こって血管周辺の神経を刺激したり、血管が炎症を起こしたりすることで起こるものです。

また、頭部に酸素が行き渡らなくなって酸欠状態になったときにも頭痛は起こり得ます。
つまり、血流を改善することで頭痛の痛みも軽減できるということになるのです。

また、肩から後頭部にかけての筋肉がこり固まってしまったときには、その部分から先の血流も悪くなります。
そこにも頭痛の要因があるわけですが、筋肉の緊張をほぐすことで血流が改善され、頭痛の要因をなくすことができます。

さらにはストレスなどで全身が緊張していても、イライラを解消できることで緊張を解くことにもつながるのです。
こうした点から、マグネシウムが頭痛に間接的に効果があると言えるわけです。

ミネラルバランスを考えて飲む

マグネシウムには頭痛を改善できるとされるさまざまな効果があると言われますが、ただやみくもにマグネシウムだけを摂っていればよいというわけではありません。

マグネシウムは、カルシウムをはじめとした各種ミネラル分とのバランスのもとに成り立っており、そのバランスが崩れると他のミネラル分の吸収を妨げ、ミネラル欠乏症に陥る可能性もあるのです。

そのため、マグネシウムは他のミネラルとのバランスを考えて摂るのがより有効となります。
私たちの体内では、マグネシウム:カルシウムの割合が1:2であるのがベストとされており、その比率と同様のミネラルウォーターも多く販売されています。

冷やして飲むのはNG

おいしく飲めるミネラルウォーターはついついよく冷やして飲みがちですが、これは避けた方がよいでしょう。

冷たい水は体を芯から冷やしてしまい、逆に血流を鈍くさせてしまう要因となってしまいます。頭部に血液を送って頭痛を改善したいのに、血液が送られなくなってしまっては本末転倒です。

ミネラルバランスのよいお水と食事を

ミネラルはバランスに気をつける
つらい頭痛の改善にはマグネシウムがカギとなりますが、ただそれだけを摂りすぎてしまっては逆に体調を崩してしまいます。

ミネラルウォーターで適度に補給しながら、また普段の食事にも気を付けて栄養バランスの取れた生活を心がけましょう。
バランスを保った規則正しい生活を続けることが、頭痛改善にも役に立ちます。

基本的にマグネシウムは安全なミネラルとして知られていますが、他のミネラルよりも優位になってしまった場合には過敏症を起こすなどの危険性もあります。

摂取のバランスにはさらに注意しておいた方がよいでしょう。

ミネラルウォーターは過度ではなく適度に摂りいれる

頭痛改善に限らず、ミネラルウォーターにはさまざまな健康効果があるとされています。
そのため、とにかく飲めばよいと思いがちですが、やはり適度な飲み方を覚えておいた方がよいでしょう。

頭痛を和らげるときには、常温のミネラルウォーターをコップ1~2杯程度、そしてできれば硬度の高い硬水を飲むのがおすすめです。



関連記事

ページ上部へ戻る