天然水に含まれる栄養成分とは?

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーター

2つの天然水とその成分
天然水は、大きく分類するとナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの2種類がありますが、それぞれで含まれる栄養成分は多少異なります。

ナチュラルウォーターに比べて、ナチュラルミネラルウォーターはミネラルが豊富に含まれているという特徴があります。

ただし、この2種類の中でも含まれる成分は商品によってバラバラです。

たとえば、ナチュラルミネラルウォーターの製品の中には、ルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウム、カリウム等の栄養成分がバランス良く含まれたもの。
そして、バナジウム、リチウム、アルミニウム、ホウ素、亜鉛などが含まれたものなどがあります。

採水方法の違い

天然水であるナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターは、処理方法は同じですが、商品によって含まれる栄養成分が異なるのは、採水する場所が違うためだといわれています。

ナチュラルウォーターは、特定の水源より採水された地下水ですが、ナチュラルミネラルウォーターは、鉱化された地下水のことを言います。

こういった違いがあるために、同じ天然水であっても、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターでは含まれる栄養成分が異なるのです。

含まれる成分の詳細

天然水は採水されている場所により栄養成分が異なりますが、一般的に含まれているのは下記のような成分です。

こちらを確認し、それぞれの注意点を覚えておきましょう。

ナトリウム

ナトリウムは、血圧の調整や栄養分の吸収等を助ける成分です。

また、神経の情報伝達を行う際にも役立ちます。
食塩にて摂取される成分で、日常的に食生活をきちんと摂っていれば、基本的に不足することはありません。過剰に摂取すると、動脈硬化や高血圧、むくみといった症状を引き起こす可能性があります。

カルシウム

カルシウムは、歯や骨を形成する成分で、乳製品や大豆類、藻類などに多く含まれます。

血液凝固、筋肉の収縮、神経伝達物質の放出反応など、体内において非常に重要な役割を果たす成分ですが、近年ではこの摂取量が不足しがちだと言われており、積極的に栄養素を補うことを推奨されています。

カルシウムが不足すると、骨粗しょう症や糖尿病、筋肉のけいれんといった症状を引き起こす可能性があります。

マグネシウム

マグネシウムの役割は、体内にある酵素をサポートすることです。
半分強は骨の中に、半分弱は内臓や筋肉の中に含まれており、残りの数%は血液中などに含まれています。

タンパク質の合成、エネルギーの代謝、体温の調整、血糖値の調整などを行うのが主な働きで、糖尿病や心臓病予防にも効果的と言われています。

カリウム

細胞の代謝や筋肉の収縮といった働きを促進するのがカリウムです。約9割が細胞内にあり、残りの約1割は細胞外液に入っています。

不足すると、筋力量や反射が低下したり、腸閉塞症になったりといった症状を引き起こすことがあるため、注意しなければなりません。

夏場になると、汗と一緒にカリウムも排出されてしまうため、多く汗をかいたときには補った方が良いでしょう。

バナジウム

天然水を扱う商品の中でも多く聞かれるのがバナジウムです。

血糖値を下げることで糖尿病を予防したり、動脈硬化を予防したりといった効果が期待できる成分として注目されています。
老廃物を排出し、脂肪燃焼効果を助けるといったことから、美容面でも高い評価を得ています。

ただし、大量に摂取し過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意が必要です。
あくまでも、適量を摂取するように心がけましょう。

亜鉛

亜鉛には、酵素を活性化させる役割があります。

胎児の健康にも大きく影響するとされており、妊娠中の方には多く摂取することが勧められています。
ただし、天然水から亜鉛を摂取する場合には、胎児に悪影響を及ぼすミネラルなどの成分が多く含まれるケースも多いため、気を付けましょう。

商品によって異なる成分

商品によって含まれる成分が異なる
上記で挙げたのは一例ですが、天然水の多くにはこれらの成分が含まれているケースが多いです。
含まれる成分は商品によってまちまちですが、さらに、含まれる成分の量もかなりの差が見られます。

たとえば、マグネシウムの量だけを見ても、100mlあたり0.05mg程度しか含まれていないものもあれば、10倍の0.5mgも含まれているものもあるのです。

子どもが飲むか、大人が飲むかによっても必要な栄養成分は変わってきますので、自分たちに合った天然水を選ぶといいでしょう。

自分に合った商品を選ぼう

天然水と一口に言っても、含まれる成分や、それぞれの含有量は商品によってバラツキがあります。

ミネラル成分が豊富に含まれている方が良いという方もいれば、赤ちゃんに飲ませたいので少ない方がいいという方もいるでしょう。

それぞれの希望に合った天然水を選ぶことが大切です。
[ad#cv01-natural]

関連記事

ページ上部へ戻る