お水とお茶、水分補給するならどちらを選ぶといい?

お茶より吸収率の高いお水の方が水分補給に合っている


水分補給とは体の活動に必要な水分を体の中に取り込むことで、その目的を果たすためには、水分吸収の働きを妨げないことも大切になります。

すると、ろ過を重ねて不純物をほぼ全て取り除いてつくられたピュアウォーターは、吸収を妨げるものがないといえます。

その結果水分だけをきちんととることができるため、お水の中に成分を抽出して作るお茶よりも、水分補給にはお水が適しているのです。

さらにお水の種類にこだわるなら不純物のほぼ含まれないピュアウォーターを選びましょう。

お水と比べてお茶には不純物が多く水分補給を妨げる

お茶はお水に成分を抽出してできあがる飲み物なので、もちろん水分は含まれています。

口当たりも良いためこまめに口にするには飲みやすいですが、抽出された成分がポイントです。

お茶の種類によりますが、水分の吸収を妨げたり排出を促したりする作用の成分を多く含んでいるものも少なくありません。

そのため、水分吸収にはお茶の種類によっては適さないものもあるのです。

お水の代わりにお茶を飲むメリットデメリット


こまめにコップ1杯程度ずつ飲むことが理想的な水分補給です。

しかしその時の飲み物次第で水分がきちんと体内に取り込まれるかどうかに違いが出てきます。

水分の吸収効率の良さに注目して飲み物を選んだ時、一番良いのはお水ですが、飲みやすさの点でお茶を常用している人も少なくありません。

お茶によって含まれる成分はさまざまで、例えば緑茶や紅茶ならカフェインやタンニン、麦茶ならミネラルなどそれぞれに違いがあります。

そこであらゆるお茶によく含まれる成分の働きのメリットデメリットを知っておきましょう。

カフェイン含有量に注意

緑茶・ほうじ茶・紅茶など、多くのお茶に含まれている成分が「カフェイン」です。

カフェインのメリットは、集中力のアップや覚醒作用があり、集中して効率よく仕事をしたい時や眠気に勝ちたい時などに役立ちます。

その一方でカフェインは依存性と中毒性が高いため、毎日の水分補給を全てカフェインを含むお茶にしているとやめられなくなる危険性もあるのです。

他にも利尿作用を持っており、不要な水分を体の外へだしてくれますが、必要な水分まで排出してしまうことも。

また妊娠中の人は積極的に水分を取る必要がありますが、その時はカフェインを含まない飲み物を選びましょう。

というのも、カフェインは母体で解毒されずに胎児へ届けられてしまうため、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるからです。

体を冷やす働きのあるお茶も

暑くなってくると、スーパーなどのお茶売り場にたくさん並ぶ麦茶は、カフェインは含まないものの、体を冷やす作用をもっています。

そのため夏の暑い時期、体の熱を冷ましたい時にはぴったりの飲み物といえるでしょう。

しかし、夏場以外は売り場が小さくなっていることからも、それ以外の季節には適していないともとれます。

このことからも、体を冷やすための夏のお茶として扱われていることがわかります。

麦茶はノンカフェインなので妊娠中の人には飲みやすいお茶ですが、夏以外も常に飲んでいると体を冷やしてしまいかねません。

もしどうしても冬場にも飲みたい時は温かいお湯で入れた麦茶にした方がよいでしょう。

一番良い冬場の水分補給方法は、ピュアウォーターをあたためた白湯を飲むことです。

貧血の人はタンニンに注意

お茶の渋み成分であるタンニンは風味を良くし、お茶の味わいを深めてくれます。

たとえば休憩時間にお茶を口にしたとき、ほっと癒やされるひと時をくれるますがそれもお茶の魅力のひとつです。

しかしタンニンは鉄と結合し吸収しにくくしてしまう働きを持っています。

お茶の中でも紅茶が最もタンニンを多く含んでおり、次いで煎茶、ウーロン茶の順で、貧血が心配な人はタンニンを多く含むお茶は避けた方が安心でしょう。

特に女性は男性よりも貧血になりやすいので、普段から紅茶やウーロン茶などを水分補給に使うことは控えたいものです。

さらに妊娠中や産後の人は一層貧血に注意が必要なので、日頃の水分補給はタンニンを多く含まない飲み物を選ぶ必要があります。

水分を吸収する目的を十分果たせない

お茶に含まれる成分のうち、水分以外のものが吸収を邪魔している可能性があります。

中には逆に水分の排出を促す働きをもつ成分もあるので、体に水分を取り込みたいという目的を邪魔してしまうのです。

水分補給を目的とせず、デトックスや集中力アップなどの目的に合わせて飲む場合はお茶でも構いません。

しかし水分をきちんと体に取り込みたいのなら不純物の少ないお水を選んだ方が良いのです。

体に負担の少ないお水で水分補給しよう

お茶をこまめに飲んでいても上手な水分補給になっていないことがあります。

水分の吸収を一番に考えた水分補給をするのなら、お水を飲むことを心がけましょう。

さらに吸収率の良いお水を選びたいなら、ピュアウォーターにすることがポイントです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る