水分不足になるとコレステロール値が高くなるの?

水分不足とコレステロール値は関係します


コレステロールとは、体内の細胞の膜を構成する成分であり、血中のコレステロールの値が高いと動脈硬化を引き起こしやすくします。

動脈硬化は病気ではないですが、心筋梗塞や脳梗塞など、生命の危機に繋がる病気を引き起こします。

動脈硬化には、脂肪分の多い食事が関係しているのは有名ですが、実は水分不足も関係しています。

水分不足になると、血中のコレステロール値を高くして、動脈硬化のリスクを高めます。

水分不足はコレステロール値を上昇させます

体内の水分が不足すると、血液中の水分も不足し、血液濃度が上がり血流が悪くなり、固まりやすくなります。

水分の少ない血液は、流れが悪いので、コレステロールも血管の中に溜まりやすく、動脈硬化のリスクを高めます。

脂肪分の多い食事をすること以外に、体の水分量も関係し、水分不足は自覚できないので、意識して水分補給すべきです。

コレステロールを下げる生活にする

コレステロールが気になる方であれば、体の中のコレステロールを少なくするような生活にしましょう。

飲み物にしても、コレステロールを少なくする効果のある飲み物がいくつかあります。

野菜ジュース

キャベツやブロッコリーなどの野菜は、アミノ酸の一種が含まれており、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

このような野菜を積極的に摂ると良く、またどのような種類の野菜でも、ビタミンなどを摂取できるので、体に良く、コレステロールを少なくするのにも良いです。

特にその中でも、野菜ジュースとして若葉を使った青汁が、コレステロールには良いです。

コレステロールを少なくする作用の他に、体内への吸収を抑える働きもあります。

野菜には食物繊維が多く含まれますが、この食物繊維も、コレステロールを少なくしてくれます。

食物繊維は胃で消化されずに、そのまま小腸を通り、便と一緒に体外に排出されます。

そのために、体内を通過するときに、体内のコレステロールを吸着して、便と一緒に出してくれるのです。

食物繊維ならば野菜の他に、こんにゃくや豆類、海草類に多く含まれています。

野菜ジュースにするほかに、食事の時にも沢山食べると良いでしょう。

野菜に含まれるビタミンCもコレステロールを体外に排出する効果があり、野菜はコレステロールに対し、総合的に良い効果を発揮します。

クエン酸もコレステロールに効果あり

クエン酸は、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

クエン酸はレモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物に含まれており、酢にも含まれているので、水で酢を薄めて飲むと、コレステロールに良いです。

酢には血液をサラサラにする働きがあり、これがコレステロール値を下げてくれます。

酢を飲むのであれば、大さじ1杯程度の15mlぐらいを1日に飲むと良く、それ以上増やしても効果は変わりありません。

クエン酸が多く含まれる、黒酢やりんご酢の方が、酢を摂取するならば良いでしょう。

そのまま水で薄めて飲んでも良いですが、食事に使っても、体内に摂取できるので、食事から取り込む方法もあります。

コレステロールに良いと言われる鰯などをマリネにして食べると、さらに効果が期待できます。

酢には動脈硬化防止の他に、美肌効果などもあり、健康にいろいろと良い効果をもたらしてくれます。

ポリフェノールの含まれる飲み物

ポリフェノールは、誰でも一度は聞いたことのある言葉でしょう。

実はこれは成分としての名前でなく、植物などに含まれる成分の総称であり、沢山という意味のポリとフェノールを組み合わせています。

ポリフェノールとしての成分は現在判明しているだけでも5,000種類以上あり、アントシアニンやカテキンが有名です。

ポリフェノールの効果としては抗酸化作用があり、ポリフェノール自身を酸化させることによって、コレステロールの酸化を防ぎ、肝臓に戻し、体内に溜まるのを抑制します。

飲み物としては、赤ワインやコーヒーなどが、ポリフェノールの含まれる代表的な飲み物であり、カカオやチョコレートにも含まれます。

このような飲み物や食べ物を日常的に、飲んだり食べたりするのは厳しいかもしれないので、夕食時の飲む、食事の後に食べるなどして、活用していきましょう。

食品や運動にも気をつけましょう


コレステロールが気になるならば、体内に溜めずに、体の外に出してくれる飲み物を飲むのは良いことです。

ただしコレステロールは食事や運動にも関係し、これらも平行して行わないとなりません。

食事では脂肪分の多い食事を少なくするようにして、運動し体中の脂肪を燃焼させて減らしていきます。

このようなことを生活の中で行っていきながら、コレステロールに良いと言われる飲み物を飲んでいきましょう。

上手に飲み物を活用しましょう

コレステロールに良いとされる飲み物は、野菜や酢を使った飲み物があります。

日頃から作っておけば、好きなときに飲めるので、常備して、日常でこまめに飲んで、コレステロールを減らしていきましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る