水分補給は入浴の時はどのように行なったらいい?

入浴時には水分が失われるので水分補給は重要です


入浴を行なうと、もちろんお湯に浸かりシャワーを浴びますので、体が温められて汗をかきます。

その汗によって人は、体から水分が失われますので、入浴するならば水分補給をしないとなりません。

入浴で失われる水分の量は、シャワーだけなどと、またはゆっくり入浴するなどでも違いますが、およそ500ml前後の水分は体から失われます。

これだけ水分が体内から失われるので、その分飲み物を飲んで水分を補給してあげないとならないのです。

入浴で失われた水分を飲み物で補給しましょう

入浴して汗として失われた水分を飲み物で補給するならば、出来れば入浴前と後とわけて水分補給した方が良く、一気に飲み物を飲むのではなく、少しずつ補給した方が良いです。

飲み物としてはジュースなどの糖分の含まれるものは太りやすくなりますので、飲むならばお水やお茶などの方が良いです。

脱水症状を防ぐために水分補給は必要です

入浴して水分が体から失われると、なぜ水分補給が必要なのかは、脱水症状を防ぐためです。

脱水症状になると、めまいや吐き気を起こして体に良くありません。

また体内から水分が少なくなることは、血液も濁し血流を悪くするので、これも体には良くありません。

1回の入浴では500ml前後の水分が失われます

1回の入浴では、その程度や時間によっても、汗として出て失われる水分に違いはありますが、およそ500ml前後の水分は失われます。

もちろん長くお風呂に入れば入るほど、さらに多くの水分が失われます。

たとえば500mlの水分が体から失われるとすると、体重60kgの人であれば、体内の水分量の2%近くにもなります。

水分の失われる率が2%を超えると脱水症状を引き起こすラインとなり、めまいや吐き気などを催します。

これを防ぐためにも、入浴するならば水分補給は必要であり、特にお風呂に入る前に水分補給しておき、汗として水分を失っても、大丈夫なようにしておくのです。

ただ入浴前に水分補給すれば、お風呂から上がったら何も飲まなくても良いかというとそうではありません。

やはり場合によっては思った以上に汗の出ることもありますので、入浴前だけの飲み物では不十分なこともあります。

そのために、不足ないようにするために、入浴後も水分補給はします。

汗として出た分を水分補給をします

入浴する時に飲み物を飲むならば、お風呂に入って汗として出た分を補うつもりで同じぐらいの量を飲みます。

ただそれだけ同じぐらい飲めないと言う方は、多少少なくても構いません。

もしも1回の入浴で500mlの水分が失われるというならば、飲む量は目安としては300mlから500mlぐらいです。

飲み方としては、入浴前にコップ1杯の飲み物を飲む、そしてお風呂から上がったら同じくコップ1杯の飲み物を飲むのです。

もちろんもっと沢山の飲み物を飲んでも構いませんが、あまり大量に飲み物を一気に飲むとお腹に負担をかけるほか、おしっこが近くなり、入浴中にトイレに行きたくなるかもしれません。

ただのどが渇いたので飲むとなると、その状態はすでに水分が体から少なくなっている状態であり、のどが渇く前に水分補給はしておいた方が、体には良いです。

飲むならお水が一番です

水分補給するために何を飲むかということですが、やはりお水やお茶が一番良いです。

ジュースやスポーツ飲料などもありますが、これらには糖分が含まれており、糖分を取りすぎる可能性があるので、やはり糖分の含まれない飲み物が一番です。

また入浴前に、いくら水分補給したいといっても、アルコールを飲んではいけません。

アルコールを飲むと、お風呂で体が温められ、余計にアルコールが体にまわり、溺れる危険もありますので、飲んではいけません。

そしてお水やお茶を飲むような場合でも、冷たくして飲むよりは、白湯やホットティーなどのように、温かくして飲んだ方が良いです。

特に入浴後に、冷たく冷えた飲み物を飲むと、お腹を冷やしてしまいますので、体には良くありません。

せっかくお風呂に入って体やお腹を温めたのに、入浴後に冷たい飲み物でお腹を冷やしては、お風呂に入った意味がなくなります。

汗として水分は失われます


何故入浴すると水分補給が必要なのかは、お風呂で体が温められ、汗として体内から水分が失われるからです。

これはシャワーで軽くお風呂に入っても多少は水分は失われますので、その分、水分補給は必要です。

もしも長くお風呂に入るならば、ペットボトルや水筒を持って入り、入浴の途中でも水分補給はした方が良いでしょう。

また、入浴の前と、そして入浴の後というように、どちらでも水分補給は行なうようにすると良いです。

体のために入浴するなら水分補給をしましょう

お風呂に入ると汗として水分が体から失われることがわかりました。

水分が失われるのは、脱水症状になったり、体内の血流を悪くしたりしますので、必ず水分補給はすべきです。

出来れば糖分の含まれるものより、お水やお茶を飲みましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る