代謝が悪いとお酒に弱くなりますか?

代謝が良い悪いこととお酒の影響には関係はありません


人はアルコールを摂取すると、食べ物と同じように、最初は胃を通り、次に小腸にいき体に吸収されていきます。

吸収されたアルコールは、酵素によって分解されて、水分になりやがて尿として体外に排出されます。

アルコールを分解する酵素はいくつかあり、人により生まれながらにして持っているタイプが違います。

分解する酵素、分解が遅い酵素、まったく分解しない酵素とあり、お酒に強いか弱いかは、代謝は関係ないのです。

悪い代謝になるようなお酒の飲み方は体に負担を増やします

アルコールの分解は酵素で行われ、代謝に左右されることはないです。

しかし、体に負担をかけるようなお酒の飲み方は、代謝を悪くして、アルコールによる体へのダメージを増やし長引かせます。

体へのダメージを増やすのは、空腹のままお酒を飲む、許容量以上に大量にお酒を飲むなどがあります。

お酒の代謝を早めるような飲み方は可能です。

体に負担をかけないお酒の飲み方をします

代謝が良い悪いに関係なく、アルコールを分解できる酵素を持っているかいないかは、生まれながら決まっており、いくらお酒を飲んで練習しても、お酒に強くなることはないです。

しかし体に負担をかけないような飲み方をすることは可能です。

空腹の状態では飲まないようにします

お酒は20%ぐらいが胃で、残りが小腸で吸収されます。

しかし、胃が空っぽで空腹の状態で飲むと、胃から腸に、腸から肝臓にお酒が流れていくスピードが速くなり、体へのアルコール吸収スピードも速まり、血中濃度も高まります。

早く酔いやすくなるばかりでなく、一気に体にアルコールが吸収され、急性アルコール中毒になる可能性もあります。

空腹のままアルコールが胃に届くと、胃壁を荒らす可能性もあります。

お酒を飲むならば、まずは枝豆やおにぎり一口などでも良いので、何かお腹に食べ物を入れてから、飲むようにしましょう。

必ずお酒の前にはこのような食べ物を食べないといけないという決まりはないです。

もしもお酒の代謝を早めるなら、飲む前に牛乳やチーズなどをお腹に入れておくと、代謝を早め酔いからさめやすくします。

果物の果糖がアルコール分解を助けるので、お酒のつまみとしておすすめです。

肝臓でアルコールを分解するときには、沢山のタンパク質を必要とするので、高タンパクな食べ物を、お酒を飲みながら食べるのも良いでしょう。

睡眠薬代わりのお酒は良くないです

お酒を眠る前に飲んで、睡眠薬代わりにする方もいますが、おすすめは出来ません。

寝る前に飲めば眠りを誘う効果はあり、睡眠薬のような効果を得られます。

しかし、寝る前にお酒を飲むと、睡眠中に体はアルコールを分解することになり、脳みそは興奮し、眠りを浅くしてしまいます。

眠りの質が悪くなるので、疲れが十分に取れません。

お酒を飲むならば、少なくとも、睡眠前の2時間や3時間前までにするべきです。

眠る時からある程度時間を空ければ、お酒も体である程度分解が進み、脳みそも興奮させずに眠れます。

人間には耐性があるので、日常的に睡眠薬代わりにお酒を飲むと、眠りを誘わなくなってしまいます。

こうなると、睡眠の質を下げるだけとなり、しかもなかなか寝付けなくなり、悪循環になります。

沢山のお水と一緒に飲むようにしましょう

お酒は胃腸への刺激が強く、アルコール度数の高いお酒ほど刺激が強いです。

肝臓への負担を減らすためにも、ゆっくりと飲むことが望ましく、沢山のお水と一緒に飲むのが良いです。

お酒を飲みながら飲むお水のことをチェイサーと呼びます。

アルコールは肝臓で分解され、そのときに大量のお水を必要とします。

お酒を飲みながらお水を飲むことは、肝臓に水分を補ってあげる意味合いもあり、お水により、胃のなかでアルコールを薄めてくれます。

アルコールには利尿作用もあり、飲んだ以上の量の水分を体外に排出してしまうので、体に水分を補う意味もあります。

さらには、お酒の合間にお水を飲むことによって、お酒を飲むスピードを緩めて、急激な体へのアルコール吸収を抑え、飲み過ぎ防止にも役立ちます。

お酒の合間にお水を飲むことは、沢山のメリットがあるので、おすすめです。

食事と一緒にお酒を飲みましょう


体に負担をかけずにお酒を飲むならば、食事と一緒に楽しみながら飲むのが良いです。

食べ物を食べながら飲むことで、胃の中に入った食べ物が壁となり、お酒が胃を荒らすのを少なくできます。

アルコールの吸収も遅らせて、お酒を飲むペースも遅らせられます。

食事でお酒を飲むなら、お水などの飲み物も用意して、飲みながらお酒を楽しむのが良いでしょう。

食べ物や飲み物を摂取しながらお酒を飲むことで、体への負担を減らせます。

食べ物や飲み物と一緒にお酒を飲みましょう

お酒はそのまま飲むのではなく、食べ物や飲み物と一緒に飲むようにするのが良いです。

そのために、つまみや飲み物を用意して、お酒を飲むようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る