【保存版】ダイエットに適したお水を飲むタイミングはいつ?

ダイエット中でも喉が渇く前に水分補給することが基本ですが、食事前や起床後のタイミングはとくにおすすめです


ダイエットを行っていても、基本は喉が渇く前に水分補給します。

タイミングとしては、起床時や就寝時、休憩時や入浴時、また運動時も水分補給すると良いでしょう。

とくに運動すると汗をかきますので、体からたくさん水分が失われ、いつも以上に水分補給を心がけることが大切です。

カフェインを含むコーヒーや緑茶は利尿作用もあり、飲むと余計に水分を摂りたくなりますので、やはり余計な成分の含まれないお水を飲むのがおすすめです。

どのようなタイミングでお水を摂取すればダイエットに効果的なのか、詳しく見ていきましょう。

ダイエット中でもこまめな水分補給で基礎代謝を上げましょう

一度に大量にお水を飲んだとしても、体には吸収できずに、そのまま尿として排出されることもあります。

そのために、水を飲む場合は、コップ1杯などとこまめに飲むようにします。

また大量にお水を飲むと、胃液を薄めたり、体内の機能を低下させたりするなど、悪影響を与える恐れもあります。

激しい運動以外の時は、極端な水分補給は避けましょう。

必要な水分を補給しましょう

1日に人は1.5リットルから2リットルの水分補給が必要とされています。この量を目安として、こまめにタイミングを見てはお水を飲むようにします。

十分に水分補給を行なうと、体の代謝機能を向上させて、体の余分な水分や老廃物を排出するといわれており、ダイエットにも良いといえるのです。

水分補給でデトックスにも繋がります

代謝により不要になった毒素や老廃物などは、汗や尿となり血液によって体外に排出されます。これがデトックス効果です。

血液の主成分は水分であり、水分が血液の流れをスムーズにします。

つまりたくさんお水を飲むことはデトックスを高め、老廃物の蓄積と基礎代謝の低下を防ぐのに効果的だと言えるのです。

一度に大量に飲むのではなく、1日の中でまんべんなく水分補給することが大切です

いくら水分補給するのがダイエットに効果的であるといっても、一気にがぶ飲みするのは良くありません。

一度に大量に飲んでも体がその水分を吸収できないため、1日の中でまんべんなく水分補給をします。

  • 起床後:コップ1杯
  • 朝食時:コップ1杯
  • 朝食と昼食の間:コップ3杯
  • 昼食時:コップ1杯
  • 昼食と夕食の間:コップ3杯
  • 夕食時:コップ1杯

たとえばこのように、1日の中でまんべんなく水分補給します。もちろんこれは一例なので、食事のときに多く飲んだり、自分の環境に合わせたりして構いません。

できれば食事のときに水分を多く補給すると、胃液を薄めますので、食事以外のときに多く飲んだ方が体には良いです。

また水分補給をしたならば、定期的にトイレにも行くことを心がけ、余分な水分は排出するようにしましょう。

一日に飲む量の目安

一日の水分摂取量は、約2ℓが理想です。毎日不要な水分は約2ℓ排出されているので、排出量を補う必要があるからです。

さらに、体重によっても水分摂取量が異なります。体重に30mlをかけると算出できますので、たとえば体重60kgの人なら必要な水分摂取量は1800mlとなります。

水を過剰摂取すると胃腸に負荷がかかるので注意しましょう。また、冷たい水は胃腸を冷やすので常温もしくは白湯を飲む方法がおすすめです。

軟水や硬水などお水の種類で期待できるダイエット効果が違います

お水の種類によっても、体への影響は異なり、お水は硬度によって違ってきます。硬度とはカルシウムとマグネシウムの含有量を示す指標のことです。

軟水

硬度100以下のお水のことをいい、日本のお水のほとんどが軟水です。そのため日本人にとっては、一番飲みやすいお水といえるでしょう。

軟水はミネラルバランスに優れ、体に吸収しやすいという特徴があるため、疲労回復や美肌にも効果的です。胃腸など内臓への刺激も弱いので、赤ちゃんのミルクに使う水にも適しています。

硬水

硬度101~300のものを中硬水、301以上のものを硬水といいます。ミネラルの多く含まれているお水であり、ヨーロッパや北米などの水のほとんどが硬水です。

汗をかくとミネラルも一緒に流れて失われますので、お水はミネラルを補給するのにも役に立つのです。

ミネラルが便を軟らかくして、便通を良くするという効果もあります。また、血液の流れを良くしてくれる効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなると言われています。

ただ硬水はミネラルの匂いが強く口当たりも硬いので、日本人は普段から軟水に慣れているということもあり、飲みにくいと感じる人が多いです。

炭酸水

炭酸の入っているお水であり、胃の中で炭酸がふくれるので、満腹感を得られ、食べすぎ防止に役立ちます。摂取カロリーを抑えるのに役立つのも嬉しいですね。

水分不足は脱水症状につながり、病気へのリスクが高まる危険もあります


水分が不足するのは、体には良くなく、身体の60%以上は水分でできているため、常に水分補給を行なうべきです。

喉が渇くということはすでに体から水分が失われている状態であり、それが進行すると脱水症状になります。

脱水症状の初期段階はめまいや疲れ、吐き気などと軽度ですが、症状が悪化すると心筋梗塞や脳梗塞などの危険もあります。

ダイエットでは、体重を減らそうと無理に水分補給を制限するのは良くなく、とくに汗をかいたなら積極的に水分補給すべきです。

大量に汗をかいても水分補給しないと、ダイエットどころではなくなり、昏睡など危険な症状も出ますので、常に水分補給を心がけましょう。

そして、アルコールや糖分の含まれていない、カロリーのないお水であれば、飲んでも太ることはありません。ミネラルウォーターなどを積極的に飲むようにすると良いです。

ダイエットを目指すならば、まずは水分不足を解消し、積極的に1日に必要なだけお水を飲むようにします。

お水を飲むと腸を刺激して排便を促し、身体の代謝機能を上げて、体内の余分な水分や老廃物を出してくれます。

体内から不要なものが排出されると、身体の機能が向上しますので、脂肪も燃焼しやすくなり、太りにくい体にもなるのです。

また飲み物以外にも、野菜など水分の多い食品を食べ物に取り入れるなどして、水分を多く補給できるようにすると良いです。

(まとめ)ダイエットに適したお水を飲むタイミングはいつ?

ダイエット中でも喉が渇く前に水分補給することが基本ですが、食事前や起床後のタイミングはとくにおすすめです

体重によっても異なりますが、人は一般的に一日約2ℓもの水分補給が必要となります。

水分補給により血流が促され、細胞活動の活発化による基礎代謝アップ、老廃物の排出によるデトックスなどダイエットにも効果的です。

一気に大量の水を飲んでも吸収しきれないので、1日数回に分けてコップ1杯ずつ飲むようにしましょう。

水分が不足すると脱水症状などが起こり、命に関わる場合もあります。ダイエット中であっても水分制限せずに、喉が渇く前のタイミングで水分を摂ることが大事です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る